耐震等級について

HOME > 耐震等級について

耐震等級とは?

耐震等級とは、「地震に耐える」性能をランク付けした等級のことを言います。

構造計算とは?

建物の安全性を確認するための計算を「構造計算」といいます。

安全と安心をお届けするため、

エルシーホームは全棟「構造計算」をしています。

木造二階建ての建物は構造計算の義務がないのですが、エルシーホームは全棟構造計算をしています。 それは、一棟一棟、立地条件や間取りが異なるため、丈夫な家を建てるためには正確な構造計算が必要となるからです。

手間はかかりますが、構造計算で安全性を確認することで、柱の位置・寸法などの必要な大きさを決めることができ、必要な耐震基準を満たすことができます。

地震荷重はもとより積載荷重、積雪荷重や風荷重までも考慮し、地震や風雪に耐える安全・安心な住宅をお届けしています。また設計住宅性能評価書という公的な証明書で耐震等級を確認する事もできます。

倒壊解析ソフトウェア「wallstat」を使って、最先端の計算理論に基づいたシミュレーションを行うことで、変形の大きさ、損傷状況、倒壊の有無を視覚的に確認しています。

 

建築基準法の耐震基準をクリアしていれば、
ご家族や財産をいつまでも守ることができるのか?

「耐震」だけでは補えないものがある。
だからこそ「制振」が必要となり、「evoltz」が必要となる。
僅かな揺れから効き始めるその特性を持つからこそ、住宅を守り続ける。
他の追随を許すことなく、今この瞬間も進歩し続ける。

建築基準法における「耐震」の定義

震度5以下の中規模な地震に対しては大きな損傷はしない。
また、震度6以上の大地震に対しては、居住者の生命を守る(倒壊しない)ことを目的としている。

上記の定義は、決して「家が壊れないようにする」ことではありません。
また、余震で倒壊することには全く触れられていないのです。

長期優良住宅の住宅が倒れた画像

倒れないはずの長期優良住宅仕様が転倒…。「剛性」だけでは倒壊は免れません。

「建築基準法」遵守の家

耐 震

地震に耐える

耐震01

筋かいや合板などで建物をガッチリと固めることで地震の際に躯体にかかってくる衝撃力を逃がすことができず、
弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまう。

耐震02

一度大きな地震を受けると地震に抵抗する耐力壁(すじかいや合板)も損傷。
見た目には分からないが、実は壁の内部はガタガタになり余震に耐える力が残っていないケースもある。

「耐震等級」を上げていく = 建物を「堅く」する。

見た目の揺れは小さくなりますが、

建物に伝わる「衝撃」は、逆に「大きく」なります。

「建築基準法」遵守の家+『制振装置』

耐 震 + 制 振

地震に耐える + 地震の衝撃を軽減

耐 震 + 制 振01

地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を傷めないようにする技術。 建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震に有効とされています。

耐 震 + 制 振02

建物への衝撃(地震エネルギー)を制振装置で熱に変えて吸収。

耐震だけでは補えない性能をカバーするのが

制 振

制振擬似体験

言葉だけでは理解しにくい「制振」を疑似体験により感覚的に把握。
なぜ「制振」が必要なのかを理解するのではなく、感じる。

 

 

ベタ基礎

エルシーホームは、
福井の地盤に対応するため、
ベタ基礎を採用しています!

エルシーホームでは、福井の地盤の特性を考え、面で建物を支えるベタ基礎を採用しています。

ベタ基礎の特徴

基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。 家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。 また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、 シロアリも侵入しにくくなります。

 

エルシーホームの基礎の中身は?

コンクリート亀裂防止のための配筋は多めに…

コンクリートはその性質上、膨張などに弱く、そのままだと亀裂が入りやすくなります。配筋を渡すことで引張強度を高めることができ、コンクリートの強度、耐久力を維持できるようにします。この配筋の数や設置場所についても耐震等級3になるように構造計算が行われております。

  建築基準法 フラット35S※
基礎立上り部分補強筋 間隔30cm以下 間隔30cm以下 間隔20cm
ベタ基礎底盤の補強筋 径13mm以上 13mm以上 径13mm~19mm(一部W配筋)
間隔30cm以下 仕様規定による 間隔10~20cm(構造計算による)

※フラット35S=住宅金融支援機構の基準。

外壁下地用耐力面材

耐震性

壁全体で力を受け止めるため地震や台風に強い

  • 筋かいは端部のみの固定ですが、タイガー EXハイパーは全面を固定するため、一部にかかる負担が軽減されます。
  • 取り付けはくぎのみです。筋かいと異なり柱・はりの金物と干渉しやすい接合金物を使用しません。

耐火性

タイガーEXハイパーは木質系耐力面材と比べ、火に強く、燃えない建材です。
万が一の近隣の火災発生時には、炎から、内側の柱やはりを守ってくれるので燃え広がりを防ぎ安全に避難できる時間を確保することができます。また、風などによる近隣からの貰い火でも、燃え移る可能性が低くなります。

検証

タイガーEXハイパーと木質系耐力面材のそれぞれの表面を同じ条件で約3分間燃やし、燃えにくさを比較しました。

検証結果

木質系耐力面材は炎を出しながら燃え、裏面まで火が貫通したのに対し、タイガーEXハイパーは炎が出ず、裏面も燃えませんでした。

透湿性

壁内部に発生する結臨は、土台や柱、壁などを腐食させる原因となります。耐力面材の湿気の通しやすさ(透湿性)は建物の耐久性を保つ重要なポイントです。

検証

沸騰するお湯を入れた容器の上に各面材でフタをして、その上にガラス製シャーレをかぶせて水蒸気の透過を観察しました。

検証結果

沸騰するお湯を入れた容器の上に各面材でフタをして、その上にガラス製シャーレをかぶせて水蒸気の透過を観察しました。

寸法安定性

膨張・収縮などの寸法変化が小さいため

施工後の不具合が生じにくい

  • 吸水による寸法変化が小さいため、反りが生じにくく、面材同士をぴったりと突き合わせた状態で施工ができます。
  • 屋内外の空気を遮断できるため、気密性・防音性に優れています。
  • 面材同士の継目から火を通してしまうことがありません。

上記は測定値です。保証値ではありません。