Smart2030のテクノロジー

HOME > SmartHouse > Smart2030のテクノロジー

Smart2030のテクノロジー

太陽光発電システム、AI搭載蓄電システム、
HEMS(Home Energy Management System)で、
VPP(Virtual Power Plant)時代の到来に向け、

エネルギー地産地消の実現を目指します。

創エネ

太陽光発電システム

Smart2030が搭載する太陽光発電システムは、PERCセルを採用しています。
PERC技術により、発電しきれなかった太陽光をセル内部で反射させ、
無駄なく効率良く発電することが可能です。

通常モジュールと比較すると夏場でもしっかり発電します。

蓄エネ

200V機器対応 AI機能搭載大型蓄電システム

一般的な太陽光発電システムは、停電時にパワーコンディショナーが停止することにより、
電力出力が不安定になり使用できる電化製品はほとんどありませんが、
Smart2030が採用している200V大型蓄電システムは停電時でも最大5.5kWを出力可能です。

省エネ

次世代HEMS

売買電力量の確認、太陽光発電量の確認、蓄電池等ユニットの使用量の確認など住まいの電気の利用状況をリアタイムで表示する「エネルギーモニター」をお持ちのPCやタブレット、スマートフォンでエネルギーを見える化できます。

窓サッシ

騒音遮断、断熱、結露を防ぐ。
「エクセルシャノン」のトリプル(三層)ガラス樹脂サッシ

暑さ・寒さを左右する大きな要因となるのが「窓・サッシ」の性能です。 内外2枚をLow-Eガラスで構成したトリプルガラスの熱貫流率(U値)は、0.94W/(㎡・K)。樹脂製フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成形。高断熱性能を発揮し、外部からの騒音を防ぎ、結露を抑制する国内トップクラスの「窓・サッシ」です。

換気

室内の空気をキレイに。
気圧調整型第一種全熱交換気システム「エクリア」

Smart2030は外気圧より室内の空気圧より室内の空気圧を高くし、外気中の有害物質である花粉や黄砂、PM2.5の侵入を約97%抑える気圧調整型第一種全熱交換換気システム「エクリア」を搭載。 熱交換換気システムにより、冷たい外気を室温に近い温度に温めてから室内に取り込み、ヒートショックのない、キレイな空気環境の暮らしを実現します。

断熱遮熱

快適な暮らしは高断熱の住まいから。
温熱環境のバリアフリーを実現する吹付断熱材「アクアフォーム」

環境に悪影響を与えるフロンガスとホルムアルデヒドを使わず、住む人にも施工する人にも優しい断熱材です。
ガス抜けによる収縮がなく、長期間にわたって安定した性能を発揮。また、細かな気泡構造で、一年中静かで心地よい環境で暮らせます。
自己接着力により末永く高気密・高断熱性能を維持。
冷暖房の効率をあげ、高効率の設備を利用し、さらに太陽光などの創エネを利用すると光熱費の大幅な節約が可能です。

制振

大きな揺れはもちろん、震度1(約3mm)の揺れから吸収し、
分散する高性能制震ダンパー「evoltz(エヴォルツ)」

当社は、建物の強度を高めて「耐震性」を上げることはもちろん、地震の揺れを制御し、逃す「制震性」も重要と考えます。
evoltzは、制振をより高性能にした超バイリニア特性(特許取得)で、繰り返し発生する小さな余震からダメージを吸収し、分散。
地震から住まいと家族の命を守ります。