全館空調AIR CONDITIONING

HOME > 全館空調

春・秋の場合

春秋は換気システムとしての役割も。お部屋の空気をすみずみ換気。

全館空調の換気システムは1階床下を換気経路にするので、春・秋の中間期に床置エアコンの電源を切っても、換気システムとファンを回しておけば、床下空間がカビたり湿気がこもることがありません。図の様にファンは空調だけでなく、換気システムとしての役割も果たしています。家じゅう隅々の空気を常に換気しています。搭載している換気システム(AVH95)は、温度交換効率95%と最高性能です。花粉カット(90%)標準搭載、PM2.5除去もオプション設定されています。

お部屋スッキリ計画

夏の場合

冬でけでなく、夏はさらに強力に効果を発揮します。

冷たい空気は重たいので下に溜まりますが、2階のファンで吸い上げ、各部屋に給気します。熱交換換気システムもダクト部分を節約するつくりになっているので、国内最高性能の換気システムでありながら低コストに抑えられています。

冬の場合

 

床下

床置エアコンから床下にダクトを通して給気。洗面脱衣場やトイレ、各部屋の床ガラリから温かい空気が上昇し室温を一定の温度に保ちます。また床下全体が暖められるので床面が温かくなり床暖房いらず。

※基本的にはエアコン8kw(35坪程度まで)を使用し、35坪以上は5.6kw1台を追加、平屋の場合は別途計算となります。

1F

洗面脱衣所・廊下・トイレ、1階2階各部屋での温度差が少ないので、ヒートショックの心配がなく、お家のどこにいても一年中快適に過ごせます。

2F

2階の空調はファンで床下の空気を持ち上げ、各部屋にダクトを通して給気します。

矢印

快適に過ごすためには

ヒートショック

ヒートショックとは家の中での急激な温度の変化により身体がダメージを受けることで起きる健康被害。
冬場に暖かい部屋から寒い浴室(脱衣所)に行き、その後に暑い浴槽へ浸かることで大きな温度の変化が生まれてしまいます。その様な大きな温度の変化が心臓に大きな負担をかけることで心筋梗塞や脳梗塞などの健康被害を及ぼしてしまいます。今では、交通事故死亡者数よりもヒートショックで亡くなってしまう数の方が多くなってしまっています。

ヒートショックimg

 

家の中での急激な

全館空調は決して
高いものではありません。

 

住まう家族の健康と、安全で快適な住空間にするためには 決しておろそかにしてはいけないものだとLCHOMEは考えています。また実際に全面床暖房+全室壁掛エアコンを導入するコストと、全館空調【楽空調】の導入コストを比較すると大幅にコストダウンになります。またランニングコストのことまで考えると、楽空調は空冷ヒートポンプ式空調機のためランニングコストももちろん削減することができます。

 

1階は楽空調システムにより室内の空調にプラスして床全面が均一な温度となり、冬場は床暖房効果が得られます。
2階はファンによってフロア全体(全室)を空調。
部屋・廊下・お風呂場での温度差がないのでヒートショックの心配がなく、家の中のどこにいても快適です。

point01

空冷ヒートポンプ式の空調機なのでCO2の排出量が少なく、環境負荷の低減が可能です。
従来の換気システムのように、せっかくの冷気・暖気をそのまま外に捨てるのではなく、熱交換換気
システムにより最大で95%の熱回収をしてから排気します。

point02

空調機器本体は1台だけ。少ない設備機器で運用するため、施工コストの低減となります。空冷ヒートポンプ式空調機なので、ランニングコストも削減されます。

※プラン・規模によっては複数台になる場合もございます。

point03

普段のメンテナンスは、月に2回のフィルターのお掃除だけ。操作は壁掛けエアコンと同様なので簡単。
熱交換換気システムにより花粉を90%カットして外気を室内に取り入れます。PM2.5除去フィルター(90%)もオプション設定。
安心で安全な空気環境が実現します。

point04

1階は壁にエアコンが露出しないので、すっきりとして室内広々。デザイン重視の設計には最適です。また、通常床暖房の部屋では専用の床材を使う必要がありますが、楽空調では、無垢床材などお好みの床材の仕様が可能です。
※無垢材特有の動き(そり、曲がりなど)が無くなるものではありません。

point05