クレストCREST

HOME > クレスト

創造性に満ちた、
最高性能の数々が、
ひとつの住まいに
結集しました。

人生における、住まいで過ごす時間の価値が高くなっている昨今。
未来へとつながる快適や安心に対する希望や願いは、
従来に増して、より強く具体的に求められています。
住まいが家族の毎日を包む器である以上、
どこまでも納得できる答えを提示し続ける使命があると、私たちは考えます。
そして、お客様の多様なライフスタイルが輝くための住まいづくりを追求する道のりの先で、
私たちは、ひとつのかたちにたどり着きました。
それが、CREST(クレスト)です。
ネーミングの由来は、Creativity(創造性)&Rest(安らぎ)。
創造性に満ちた最高峰の性能を結集させ、
大いなる安らぎの獲得を目指した家を意図しています。

快適な空気をデザインする。

ダクトレス全館空調「エアクレスト」が、季節における気温・湿度の状況に合わせて給気・排気ファンを稼働させ、気圧調節によって屋内の空気環境を良好に導きます。また、これに加え、従来私たちがこだわってきたハイレベルの高気密・高断熱によって理想的な住み心地を支えていきます。

ダクトレス全館空調「エアクレスト」

揺れを感知し、抑え続ける。

大切な資産である住まいを守るため、進化を遂げ続ける地震対策テクノロジー。クレストでは、住まいを頑丈にする「耐裳構造」に「制振装置」がプラスされています。「制振装置」とは、地震によって起こる振動エネルギーを吸収して建物の揺れを小さく抑え、衝撃を和らげる機能です。建物の損傷を軽減し、本震や繰り返しの余喪にも有効です。

最先端の制振装置
「evoltz(エヴォルツ)」

佇まいに芸術性をまとわせ、
魅力を維持するタイル外壁。
そして、安心を守る下地材。

外壁には、大きく3つの役割が求められると考えます。
1つ目は、外観の大きな面積を占める要素として理想的な印象を発信すること。
2つ目は、完成直後の印象を長期間維持し続けること。
3つ目は構造材として家を守っていくこと。

クレストは、外墜材として進化したタイル外壁「セラヴィオグラン」を採用しています。1枚l枚に美が息づく焼き物ならではの高級感を描くとともに、キズや強い8差しに負けず、優雅さを保ち続ける頑強さを備えています。
また、「タイガー EXハイパ ー」は、加わった力を墜全体に拡散させる下地用耐力面材としての性能に加え、優れた耐火性や耐霙性、断熱性などにより、家の安心と快適を支えます。

焼き物ならではの芸術性あふれる表情を装う。

30年以上の販売実績を持つINAXが誇るタイル外陪の集大成といえるのが、セラヴィオグランです。
継承される焼き物のものづくり精神のもと窯で生み出され、時に力強く、時に柔らかい表情が芸術性を漂わせます。
凹凸のあるテクスチャーが存在感を引き立てたタイル1枚1枚が集まって伝えるのは、壁全面の美しさです。
1日の中で刻々と移り変わる表情は格別。朝、昼、夜、異なるイメージが家族を楽しませてくれます。

美しさを守る、強さ・汚れにくさ・色あせしにくさ。

セラヴィオグランのタイル外様は、その耐久性を裏付ける3つの特徴を備えます。
まず、強さ。高温で焼き締められて生まれるタイルは、ちょっとしたことではキズが付きにくくなっています。
さらに、空気中の水分子によってタイル表面に膜を形成する機能を持ち、汚れにくくすると同時に、汚れを落ちやすくしています。
そして、紫外線に強い無機質セラミックスの素材は、40年相当過ぎても色あせしないという実験結果を出しています。

焼き物ならではの芸術性あふれる表情を装う。

下地材のタイガーEXハイパ ーは、せっこう板に防水および高防カビ性能を付加した耐力面材。
壁全体で力を受け止める仕組みは、台風や地震の際に強さを発揮します。
素材がせっこうなので木質系と異なり耐火性を有し、火災発生時には炎から柱や梁を守ってくれ、燃え広がりを防げます。
さらに、高い透湿性を持ち、腐食の原因となる壁内部の結露を抑制。膨張·収縮しにくいので、施工後の不具合を生じにくくしています。

想像力で、自由に空間を
満たしてください。
創造力に満ちた性能が、
それを支えます。

多様な先端技術が結集し、住まいが持つべき快適さや安心を緻密に創り上げている「クレスト」。
驚かれるかもしれませんが、間取りプランに関しては何も決まっていません。
これから訪れる未来を見つめ、将来実現したい暮らし方や、移ろう家族構成を想定した部屋づかいなどを自由に思い描いてください。
実績のある 建築家が、お客様に寄り添いながら実現へ導きます。

開放的なリビングに溢れる幸せ

休日は、家族とゆったりと過こ‘す。 開放的で心地良いリビングには 自然に皆が集まります。走り回る子 どもたちを眺めながら、今しか味わ えない風景を堪能。

テラスから庭につながるアウトドア空間

テラスから庭につながる空間で、友だち家族を招いてのバーベキュー。空の下、緑や風を楽しみながらの食事は、毎回が思い出のワンシーンになっていきます。

家族と料理を楽しむキッチンレイアウト

料理をしているあいだも、家族とのコミュニケーションが取れるキッチンレイアウト。何気なく家族が参加し、皆で食事の用意を楽しむひとときも生まれます。

ワークスペースを住まいの中に

自宅でも、オフィスにいるときと同様の集中力が生まれるように。個室を作ったり、リビング空間に仕切りを描いたりなど、環境に合わせたレイアウトが考えられます。

楽しさと勉強しやすさが共生する子ども部屋

オンラインでの勉強は、今後、便利なスタディースタイルとして確立すると思われます。住まいでの勉強がしやすくなるような楽しい工夫も環境づくりに取り入れましょう。

お好みのリラックスバスタイムを

くつろぎ、癒やし、和み、開放感。リラックスタイムに求めるニーズがより多くなっています。1日の疲れを取るのみでない、お好みの満喫空間を目指したいところです。

スムーズ且つ快適な動線設計

女性の視点でとらえた家事動線はもちろんのこと、衛生管理も踏まえつつ、家族皆の暮らしがスムーズになる生活動線を。何気ないムダとロスをなくしていきます。

収納力とインテリア力のある収納を

ゆったりと。まるでショップのように、好きなテイストで。「どれだけ入るか」といった収納力だけでなく、ウォークインクローゼットを魅力的な空間にすることも可能です。

ご希望を妥協することなく実現へと結ぶプランニング

プランニングは、お客様のこれまでの住まい方と、これから希望する住まい方のヒアリングから始まります。家族構成や、それぞれの趣味やこだわり、平日および休日の過ごし方をご確認させていただき、ご要望のライフスタイルを落とし込んだプランをご提案いたします。その後、お打ち合わせを重ねて、ご家族に最適なお住まいのかたちを一緒に作りあげていきます。様々なリクエストを反映した、ハウスメーカーではできない、オリジナルの空間を描きます。


将来、家族の状態に合わせて変化できる仕組みを

「子どもが大きくなったらこの壁を取り払おう」など、建てる時には将来を想像します。しかし、時代は変わります。時を経て、新しい要望が芽生えているのは不思議ではありません。クレストは、柱と梁で構成する木造軸組工法を採用しています。壁が躯体の一部となるツーバイフォーエ法と異なり、リノベーションが簡単です。陛を取り払ったり空間のかたちを変えたりなど、建てた後でも、柔軟に間取りを変更できます。長期優良住宅仕様で長く住める家だからこそ、未来を見据えた家づくりが生きてきます。

長く安心して暮らすための性能は、
あらかじめ最高峰なのが、
私たちのご提供する住まいです。

「長期優良住宅」が標準仕様

私たちのご提供する住まいは、長期間安心して暮らせることを目的に国が定めた技術基準を7つクリアしている「長期優良住宅仕様」です。長期優良住宅は、住宅ローンの金利や税制面での優遇が受けられるなどの金銭的メリットがあります。また、将来、中古住宅として売却する時でも、表かに差がでる場合があり、資産価値としての物差しにもなっています。住宅性能表示制度(家の成績表)では、4つの最高等級を得ているほか、太陽光パネルの取り付けが可能となるZEH基準もパスしています。

①耐震性

ポイントとなるのは、「耐震等級」と「構造計算」です。私たちのご提供する住まいは、1棟1棟緻密な構造計算で高耐震性を実現しています。住宅はそれぞれ立地条件や間取りが異なるので、丈夫な家を建てるには正確な構造計算が為されているべきなのです。本来、木造2階建ての建物に構造計算は必要ありませんが、必ず実施しています。

②劣化対策

住宅の劣化対策等級(構造躯体などの劣化対策)とは、建物の劣化のしにくさを評価して、劣化対策の度合いを測る基準。国土交通省が指定する住宅性能評価のひとつです。長期にわたり建物を使用できるように材料の劣化を軽減する対策が、どの程度講じられているかを示す指標となります。

③維持管理性

住宅性能表示制度によって、給排水管およびガス管について、点検や清掃・補修を容易にするための対策について評価したものです。拝観は比較的耐用期間が短いため、メンテナンスの容易性は、建物を良好な状態で維持するために非常に重要です。つまり、「管理しやすい住まい」ということです。

④住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な住戸の面積を定めています。戸建てでは75㎡以上(少なくともひとつの階が40㎡以上:階段部分除く)で共同住宅の場合は55㎡以上以上となっています。この基準は地域の実情によって所管行政庁が引き上げや引き下げを行うことがあります。

⑤省エネ

建物の断熱・気密性を高めることで冷暖房費を軽減。国が定める新しい省エネルギー基準をクリアする高井断熱性を確保しています。一年中快適で、環境にも優しい住空間を実現します。

⑥居住空間

建築をしようとする住宅が、良好な景観の形成やそのほかの地域における共重環境の維持及び向上に配慮されたものであることを指します。

⑦維持保全管理

計画時から将来を見据え、定期的な点検・補修などに関する計画が策定されていて、少なくとも10年に1回は点検を行うこと。そして、維持保全の期間は30年以上であること、を指します。