メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

ブログ

2019/03/05

長期優良住宅Vol.3 長期優良住宅制度開始から10年

コラム

長期優良住宅Vol.3 長期優良住宅制度開始から10年

長期優良住宅を推進する国が制度開始から10年を経て、より普及させる為見直しに着手するようです。

長期優良住宅制度の見直し進む  

認定制度開始から10年が経過する中、住宅の性能や耐久性の向上に一定の役割を果たしてきた「長期優良住宅」制度の認定基準の見直しなどを進める国土交通省は、2月18日に開いた同制度のあり方を検討する4回目の会議で、「既存住宅流通市場で長期優良住宅が評価される枠組み」など、今後、具体的に検討していく項目を示した。今後は6月をめどに、とりまとめに向けた検討を進めていく方針だ。  長期優良住宅の認定数が2018年3月末までに新築戸建てで累計89万戸を突破する状況を受け、見直しではストックの質の改善や既存流通市場での評価(差別化)・普及促進につながるインセンティブのあり方などを検討する。認定に必要な事務手続きの煩雑さなどから、実質的には認定基準をクリアしていながら未認定の住宅も潜在的に多いとの見方もあることから、増改築を伴わない既存住宅を認定する仕組みの整備も視野に入れる。

普及促進と負担軽減に向け事務手続きの合理化も  

国交省は見直しを進めるにあたり、工務店でつくる業界団体などから同制度への取り組み状況や効果、課題などをヒアリング。そこで「認定の申請など事務手続きの負担の大きさ」が問題として浮き彫りになったことから、事業者の負担軽減しながら、さらなる普及促進につなげるため、事務手続きの合理化策として住宅性能表示制度との一体的な運用を検討。認定手続きの合理化も検討課題とする。

↑上記のように申請手続き軽減や、取得した場合のメリットなども良くなりそうですね。

やはり国は長期優良住宅を増やしたくて仕方がないようです。

これを踏まえると、建築確認ギリギリの家が9割を占める福井県の現状も少しは変わってくると良いですね。